投資概略

投資概略

投資に関する概略、投資方法などに関する情報です。

  
投資概略   FX投資   株式投資  

投資の概略や、主に、取引手順や注意事項についてご紹介します。又、投資のメリット・デメリットについても記載してあります。但し、投資は、あくまで自己責任でお願いします。
スポンサードリンク スポンサードリンク

投資とは

投資とは、利益を得る目的で、資金を事業や不動産、証券などに投下することです。 現在では、様々な種類の投資があり、多種多様になって来ております。 投資と云うと、お金持ちの専売特許の様なイメージがありますが、現在は、そうとも限りません。 昔からある投資としては、不動産投資や、株式投資がすぐに考えられます。これらは、 多くの資金を必要としますので、どちらかと言えば、資産家が行う投資でした。 現在も、その傾向はあるものの、住宅ローンをうまく利用して不動産投資したり、株式投資は、 ネット上で、小額から投資可能な仕組みが確立され、誰でも参入し易い環境が整って来ております。 なので、過去のイメージに囚われず、自分の好みで、チャレンジしてみることをおすすめします。 FX投資などは、小額でもレバレッジ(てこ)の倍率を調節して、大きな利益を得ることも可能です。 先物やワラント投資など、以前では、その道のプロにしか出来なかった様な投資が可能な環境が 整っています。 さらに、以前はギャンブルとして見られていた競馬でさえも、緻密な計算やユニークな方法論によって 1つの投資対象となっており、投資競馬と呼ばれている状況です。 この様に、現在では、金持ちだけではなく、サラリーマンやOL、主婦も同じ環境で投資が可能と云う、 かつては考えられない環境が整っているのです。 もちろん、投資には、リスクが付きものです。いつも利益を得られるとは限りません。損失も充分 考えられます。 しかし、このリスクをコントロールして、トータルで利益を得られれば、それでOKと云うのも 投資の世界の真実です。 各、投資内容によって、リスク制御の方法は、異なります。又、利益も、ローリターンのものから、 ハイリターンのものまで様々です。 一般的には、ハイリスクであれば、ハイリターンが期待出来、ローリスクであれば、ローリターンとなります。 ローリターンの代表例が、銀行預金ですよね。 ハイリターンの代表例は、投資競馬やレバレッジの大きなFX取引などになります。

投資のやり方


自己資金不要で不動産投資物件を手に入れる6つの方法

株やFXなんかやめてしまえ!借金まみれのダメサラリーマンがわずか10万円の資金を1年で1000万円まで増やした!ハイパーオプション投資法!

★【スゴワザ FX】10368-S 谷川式!最強シグナル配信!!

FXのプロトレーダーのポジション情報

「ラクラクFX」-シグナル配信

ワンミニッツFX -One Minute FX- シグナル配信

【兜町特捜最前線】WINTRADE最新仕手株情報!

翌月1日スタート!常勝株投資塾「スウィート・オン・トレード」マスター講座

『勝株ゴールド』会員数3万人以上を抱えるマンモスメルマガの決定版が登場!

海外FXプロトレーダーのシグナル配信を完全自動売買「プロポジFX」

実は株で勝つことは簡単なんです!11万が693万になった禁断の投資法を教えます!「最後の株式投資マニュアル」

投資マスターが教える、株初心者のあなたでも毎月10万円株式利益法!

【発売記念限定価格】セミリタイアFX ★オリジナル分析ツール付き

いづれにしても、自分に合った投資方法で、自己責任の元に行うのが投資です。

なので、生活費や借金をしてまで行うのはやめましょう。

ボーナスの余剰資金や、生活費で余ったお金などを使い、なくなっても問題ないお金で行う様にしましょう。

これは、とても大事なことです。何故大事かと言えば、生活費や借金をして投資をすると、感情的になり、 ここぞ、と云う場面で、冷静で正確な判断が下せなくなる傾向があるからなのです。

余剰資金でも、その傾向は、もちろんあります。しかし、なくなったとしても生活に困る訳ではありません。 その部分で、心に余裕が出来ますので、生活費や借金で行う投資と比較して、充分冷静に判断が出来るのです。 なので、繰り返しますが、生活費や借金をしてまで投資を行う様なことはしないで下さい。

では、各投資のやり方を見てみましょう。これは、投資対象によって、異なりますので、一概には言えません。

しかし、株式投資やFX投資、ワラント投資など、証券売買関連は、現在、ほとんどはネット上で売買可能です。

なので、インターネット接続環境と、ネット口座があれば、取引可能です。

不動産投資については、実物を見て判断しますので、個々に対応が必要な分だけ、足を運ぶ必要があります。

しかし、一度、物件を資産として取得すると、後は、ほとんど不労所得となります。

投資競馬も、現在では、ネット上で馬券購入が可能なので、競馬場や場外馬券売り場へ、足を運ぶ必要はありません。

いづれにしても、自分の好きな方法で余剰資金を運用するのが一番です。


投資のメリット・デメリット

スポンサードリンク
投資のメリット・デメリットについて、簡単にまとめてみましたので、ご参照ください。

(メリット)
 ・お金がお金を産む様にすることが出来る。つまり不労所得を
  得ることが可能。
 ・ミドルリターンからハイリターンが期待出来る。
 ・効率良く、資産を急激に殖やすことも可能。
 ・自分が働く訳ではないので、複数の投資を並行して行い、
  莫大な利益を得ることも可能。

(デメリット)
 ・ある程度の資金が必要である。全く資金がない状態での
  投資はリスクが高い。
 ・銀行預金と違い、元本保障がない。そのため損失を被る
  場合がある。
 ・投資方法を誤れば、急激に資産を減らす可能性がある。
 ・お金に働いてもらうためには、それなりの勉強と準備が必要。

簡単に言えば、メリットとしては、資産を急激に殖やすことが可能であること。又、お金に働いてもらうため 不労所得を得ることが可能であることですね。 デメリットとしては、ある程度、まとまったお金が必要であること。そして、リスクが伴うこと。そのため、 自己責任で、リスクをコントロールするため、それなりの準備をしておく必要があること、となります。

投資概略   FX投資   株式投資  


Copyright (C) 2008 投資概略 All Rights Reserved.